お金持ちのお金の使い方は?

お金持ちは自分の器に比例して収入が増えると言われています。

その為、自分が成功するにふさわしい人物になるように努力をします。

対して、貧乏人は、生まれてきた家庭環境などの運や偶然性で収入が決まってしまいます。

パチンコや宝くじなどでお金を稼ごうとする考え方は、実はこれに当てはまるんです。

もちろん、中にはビギナーズラックで大金を得る人もいるので一概には言えませんが。

本当にお金持ちになる人は、自分を成長させることで収入を増やしていく人が非常に多いです。

また、思い込みが激しい人も成長しやすいと言われています。

「自分は成功する!〇〇に絶対なれる!」と思い込んでいる人ほど、成功しやすくなるんです。

というのも、世の中は、「そう思ったら、そう」なるようにできているからです。

意味がわからないですよね(笑)

説明しますね。

「そう思ったら、そう」なるようにできている感覚

出典:イラストAC

「そう思ったら、そう」

つまりは、「なりたいものになろうと思ったら、そうなるようにできている」ということです。先入観を捨てるということですね。

例えば、社長になりたいと思ったら、「俺は社長になりたい。いや、なれる!なるんだ!」と思い込んで行動すれば、なりたい方向に進むことができるようになります。

つまり、意識することと、意識したうえで実行していく人が成功を収められるようになる、ということです。

また、お金は貯めるのではなく、使っていくことで自分に返ってくるようになります。

使えば使っただけ、自分に返ってくるので、自分の為に「自己投資」をするようにしましょう。

お金持ちほど、お金の使い方は豪快です。使えば使っただけ自分に返ってくるのを知っているから、どんどんお金を使います。

逆に貧乏人ほどお金を貯めこみます。貧乏人は貯金が大好きです。

しかし、貯金してばかりではお金の使い方がわからなくなるので、いざという時に使えなくなってしまいます。

お金の使い方を覚えるとともに、使えるようになるためには貯金をしすぎないことも大事です。